浄水器と水道水中の有害物質についての知識

水道水中に含まれている可能性のある有害物質について説明しています。

浄水器カートリッジあんしん通販アクアプラネット

浄水器カートリッジで除去できる有害物質についての説明です。

水道水中の有害物質についての知識

ビルトイン浄水器カートリッジを使うことによって、水道水中に含まれている可能性のある人体に有害な物質が除去でき、安全で安心な水を飲むことが出来ます。

このページではそれらの有害物質の名称や簡単な説明を行っています。

トリハロメタン類
トリハロメタンは浄水過程での塩素と、水道原水に残った有機化合物が反応して生成されます。
発ガン性が指摘されています。
消毒に使われる塩素と原水中の有機化合物により生ずる化合物です。
ハイテク汚染物質
トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンなど。クリーニングやハイテク工場の洗浄液などが、地下水などを汚染することが多いといわれます。
テトラクロロエチレンは肝臓や腎臓に障害を及ぼすとされ、発ガン性があるといわれています。
これらは金属加工産業・ドライクリーニングにおいて溶剤として利用されます。
トリクロロエチレンや 1,1,1-トリクロロエタンも同様です。
農薬(CAT)
環境ホルモン作用を有すると疑われる物質です。
除草剤に広く使用されていて、ゴルフ場などで使用される農薬(シマジンなど)です。
一般に使用されている農薬類は河川に流れ込み、また地下水を汚染します。
臭気物質
ジェオスミン、2-メチルイソボルネオールなどが、水道水のカビ臭の原因物質となっています。
湖などの富栄養化によって藻類が繁殖し、臭気が出てきます。
鉛給水管、給水管からの溶出が原因とされています。pHの低い水ほど溶出しやすくなります。鉛は、貧血、消化管の障害、神経系の障害、腎臓障害などへの影響があるといわれています。溶解性鉛は体内に蓄積し貧血、神経障害、乳幼児の知能障害など中毒をおこします。
クリプトスポリジウム
原虫の一種で、水道水源の汚染によって水道水に侵入します。集団感染を引き起こした例があります。
アメリカなどではミルウォーキーなどで死亡事故を起こした例もありますが、 日本でも埼玉県で起きた例があります。
塩素消毒でも死なないので原水での浄化対策が必要です。
ダイオキシン類
主な発生源はゴミ焼却場といわれています。
飲用水への侵入や摂取は認められてはいませんが、土壌、地下水への侵出から水道原水への影響が憂慮されます。監視していく必要があります。
環境ホルモン類
実態について、海外でも国内でも研究中で、明確な被害状況や問題が解明されていません。
70〜100種類もの物質の総称ですが、水道水への侵入については、用心しなければなりません。
2-MIB
カビ臭です。いやな臭いは水の味を大きく損ないます。
遊離残留塩素
消毒のために添加される物質ですが、反面、水の味を損ないます。
濁り
水のにごりを表しています。赤サビ等の除去もこの能力で判断できます。
(このページは以前のURLから移転しています。)